生理中はレーザーによる全身脱毛を受けても良いのか?

全身脱毛で施術の予約をする場合、基本的に生理期間にかぶらないようにする必要があります。
と言っても、生理が不定期だとかぶることもありますし、周期が変わってしまって予約日に生理になってしまうこともあるでしょう。
脱毛はスケジュール通りに施術するのが理想ですが、生理中にレーザーの全身脱毛は受けられるのでしょうか。

 

生理中の施術について

 

生理中に全身脱毛を受けて良いのか、ということに関しては、各クリニックによって規定が異なります。
生理中でも施術をしてくれるところもありますし、どこの部位であっても生理中は受け付けていないところがあります。
ですので、生理中の施術に関しては契約する前にしっかりチェックしておきましょう。
ただし、全身脱毛にデリケートゾーンが含まれている場合は、基本的に施術は断れます。
当然ですが、経血が出ている状態の部分に施術を行うことはできません。
またデリケートゾーン以外なら施術できるとしても、できればキャンセルした方が良いでしょう。
生理中は肌の状態が不安定になっているため、いつもより痛みを強く感じることもあるので施術しないのが正解です。

 

生理中には脱毛しない方が良い理由

 

生理中に脱毛しない方が良いのは、単に肌の状態が関係しているだけではありません。
生理になると、女性ホルモンの分泌量が変化するためバランスが乱れます。
女性ホルモンのバランスは毛周期にも関係しているので、毛周期も乱れた状態になっています。
そのような状態で脱毛をすると、レーザーの熱が十分に毛根組織に伝わらず、効果が低くなってしまう可能性があります。
脱毛効果がないのに施術を行ってしまったら、ただ肌に負担をかけるだけなので止めておいた方が良いのですね。

 

生理になったら回数消費はどうなる?

 

予約日よりも前に生理が来れば、事前にキャンセルができるので問題ありません。
ですが、予約日に突然生理になってしまったら、当日キャンセルするしかないので回数の消費が不安ですね。
生理によるキャンセルの規定も、脱毛クリニックによって違います。
当日キャンセルだと1回分の施術が消化されてしまったり違約金が発生するところもありますし、きちんと連絡をすれば予約を振り替えてくれるところもあります。
ただ、どんな規定であっても無断キャンセルをすると、ほぼ1回分消化か違約金が発生するので注意してください。
予約キャンセルの規定は比較的厳しいところが多いので、生理周期が乱れている方は、事前に確認しておきましょう。

 

生理中は、肌だけではなく体調にも変化が出るので施術効果が低くなりますから、できるだけぶつからないように調整して予約するのがベストです。