Iラインを自宅でセルフ脱毛する成功のポイント

Iラインとは、女性の性器に沿った部分をいいます。

 

その部分のムダ毛の処理と聞けば、「そんなところにまでムダ毛が生えているのか」と驚く人も多いです。何しろ、自分ではしげしげと見るところではありませんから。

 

もちろん、体質にもよりますが、多くの人は意外にしっかりと生えています。

 

このムダ毛を処理したほうがいい理由も、けっこうたくさんあります。

 

目次
1.Iラインのムダ毛を処理する理由
1-1.衛生
1-2.見た目
2.自己処理の種類
2-1.カミソリ
2-2.電気シェーバー
2-3.毛抜き
3.自己処理のデメリット
4.エステの脱毛について

 

1.Iラインのムダ毛を処理する理由

1-1.衛生

 

Iラインには尿などの汚物がつきます。生理の時には血も混じるでしょう。汗もたまりやすく、いつも湿り気があります

 

不衛生で、多少の痒み、臭い、蒸れも仕方がないように思っている人もいるかもしれません。

 

でも、これは間違いです。ムダ毛を処理することで、かなり改善します。

 

1-2.見た目

 

あまり表立って言うことではないかもしれませんが、Iラインのムダ毛は、男性には評判が悪いです。

 

「あまりに濃いと、目にした時に一気に気分がなえる」「愛撫するときに、気になって仕方がない」といった声があります。

 

また、露出度の大きい下着や水着の場合、Vラインのムダ毛だけはなく、Iラインのムダ毛まではみ出してしまう場合もあります。

 

これは、男性に限らず、仲間の女性の目からもドン引きです。

 

2.自己処理の種類

処理に使うのは、カミソリ、電気シェーバー、毛抜きなどが考えられます。

 

残念ながら、おすすめできるものはありません。というのは、この部分の皮膚は粘膜質で、とてもデリケートです。どれを使っても、ダメージが大きいのです。

 

2-1.カミソリ

 

まず、カミソリでの処理の場合です。

 

ムダ毛の生えているところを直接目で見るのは大変です。場所が場所だけに、かなり窮屈な姿勢で処理することになるでしょう。

 

また、皮膚の構造も複雑ですので、ひだの奥に隠れている分もあります。

 

そこに刃を当てるのですから、手元も狂いがちです。たとえ、血が出るほどでなくても、小さな傷も無数に作っています。

 

そういったところから雑菌も入り、さらにダメージを大きくします。

 

2-2.電気シェーバー

 

電気シェーバーは、カミソリほどには傷を作らないイメージがあるかもしれません。

 

ですが、皮膚への負担があることには変わりありません。

 

Iライン専用という電気シェーバーもあります。一般的なものよりも、刃の部分が小さくなっています。

 

ただ、ひだの奥まで届くようなものではありません。「安全とアピールされていたけども、実際に使ったら、皮膚が切れた」という声も少なくありません。

 

2-3.毛抜き

 

使う人は多くないと思いますが、毛抜きはさらに危険です。

 

Iラインのムダ毛は一本一本が太いので、ほかの部位よりもさらに負担が大きくなります。

 

強引に毛根ごと引き抜きますので、かなりの確率で、毛穴部分が傷になります。

 

回復途中にはそこに、かさぶたができ、埋没毛にもなってしまいます。再生したムダ毛が外に出られずに、毛穴の中で丸まったり、皮膚の中を横に伸びるのです。

 

こんなところに、埋没毛を作ってしまうと、自分では治療も困難です。

 

3.自己処理のデメリット

 

自分でのムダ毛処理全般に言えますが、皮膚への負担が大きいです。

 

カミソリや電気シェーバーの場合、ムダ毛を根本から切っているだけではありません。皮膚の表面まで削りとっています。

 

Iラインの皮膚は粘膜質ですから、この表面がことさら弱く、傷になりやすくできています。

 

また、先に申し上げたように、手元が狂いやすいということでの危険性もあります。

 

さらに問題は、1回うまくやれても、その効果が数日しか続かないことです。

 

やがて、ムダ毛が再生して、同じことの繰り返しです。次はうまくやれるとの保証はありません。

 

カミソリは消耗品ですから、数回使ったら新しいものに替える必要もあります。

 

電気シェーバーも少し長い目で考えると、やはり消耗品です。機種にもよりますが、2、3年使えば、刃を交換したり、新しいものに買い替えることになります。

 

これが一生続くとなると、かかる手間や時間、お金もかなりのものになってしまいます。

 

「エステサロン・脱毛サロンで、持続性のある脱毛処理を受けたほうがいいのではないか」と頭をよぎるところです。

 

4.エステの脱毛について

 

かつては、エステサロンなどでも、「Iラインは、皮膚が弱すぎて、光照射のダメージが大きい」と、光脱毛(IPL脱毛、フラッシュ脱毛、SSC脱毛)のコースを用意していないのが一般的でした。

 

また、コース設定があっても、ほかの部位とは別扱いで、料金は高めでした。全身脱毛のコースの場合でも、その全身には含めずに、別料金になったぐらいです。

 

今は、光脱毛に使う機器もダメージが少ないように改良され、採用するサロンも増えています。料金もほかの部位と大きな差はなくなりました。全身脱毛の場合も、その中に含めて扱うようにもなっています。

 

このように、Iラインの脱毛といっても、特別なことはほとんどなくなりました。

 

施術は2か月ほどの間をおきながら、5回や10回は通うことになるでしょう。完了するのは、1年か2年先です。

 

これでためらってしまう人もいます。

 

ただ、それさえクリアしてしまえば、その後は、お金も手間も危険性もなしで過ごせます。

 

おそらくはIラインのムダ毛のことも全く忘れてしまうぐらいでしょう。

 

≫≫Iライン脱毛に人気のクリニック、エステランキングはこちら


Iラインをセルフ脱毛するデメリット

自分のムダ毛が気になり始めたら、どなたもまずは自己処理しているでしょう。カミソリだったり、毛抜きだったり、ワックスだったり。

 

ただし、IラインやOラインは特に自己処理をするには難しく、失敗しやすい個所と言えます。実際一昔前まではプロの脱毛サロンでもVIOのデリケートゾーンの脱毛はやりません!というところが多かったです。それだけ脱毛が難しいところとも言えます。

 

カミソリ

カミソリを使って、トラブルになったような人はいないでしょうか。たとえば、傷にしてしまう。

 

目に見えるほどではなくても、お肌の表面の角質は常に傷つけているでしょう。となると、肌荒れの原因にもなっているでしょう。

毛抜き

毛抜きでも同様です。毛抜きの場合、毛根から引き抜きます。その分、カミソリよりはお手入れの効果が長続きするでしょう。が、毛穴を傷つけてしまいがちです。

埋没毛の原因に

単にお肌が荒れるだけではなく、埋没毛の原因にもなってしまいます。

ワックス

また、ワックスのダメージも毛抜きに近いでしょう。引き抜くのが一本一本かまとめてかの違いでしょう。

家庭用脱毛器

また、今ならば家庭用の光照射式の脱毛器を買って自分で処理しようとする人もいるでしょう。

 

おそらく商品の説明には「IラインやOラインのようなデリケートな部分も脱毛OK」といったように書いてあるでしょう。

 

しかし、気を付けましょう。実はエステサロンなどでも技術に自信のないところは扱っていないのが、これらのデリケートな部位なのです。

 

脱毛効果が発揮できない場合があるだけではありません。やけどなどのトラブルも多いのです。それを素人が自宅でやるとどうなるでしょう。

 

また、実際にトラブルになった時の対処方法も分からないのではないでしょうか。

 

まとめ

自分で処理するとは、そういった危険性などとも隣り合わせであることは忘れてはいけません。

 

≫≫Iライン脱毛に人気のクリニック、エステランキングはこちら

 

Iラインを自分で脱毛する方法

Iラインのムダ毛処理には細心の注意を要します。

 

というのは、ほかの部位とは皮膚の質が違います。あまりしっかりと見ることがないので、気が付いていないかもしれません。が、粘膜に近いのです。

 

傷になりやすいのは当然、雑菌による可能もしやすくなっています。

 

また、肉眼で見るのはかなり窮屈な姿勢をとるることになるでしょう。おそらくは手元も狂いがちでしょう。

 

なので、ほかの部位ならば、もっともあたりまえに使われるであろう、カミソリはおススメできません。

 

弟、代わりに考えられるのが、毛抜き、ワックス、家庭用脱毛器といったところでしょう。

 

が、これらもそれぞれに、一長一短といったところです。

 

毛抜きは安くて、お手軽でしょう。が、毛穴を傷つけしまう可能性があって、化のうなどの元です。

 

ワックスの場合も、一気に引きはがす際に、やはり毛穴にダメージを与えます。また、皮膚の表面にある角質も一緒にはがしてしまう可能性もあります。これは肌荒れの原因となります。

 

最近であれば、家庭用脱毛器を利用する人も多いかもしれません。うまく体質に合えば、これもいいでしょう。

 

が、実は結構トラブルがあります。光出力の調整が分からず、強すぎてやけどをしてしまうことがあります。逆ならば、今度は脱毛の効果を発揮してくれません。

 

ということで、エステサロンやクリニックのでの脱毛処理も検討してみましょう。当然、費用は少しかかります。が、いったん終了してしまえば、その費用は今後、ゼロ円です。もちろん、数日おきに必要だったお手入れの手間もなくなります。

 

≫≫Iライン脱毛に人気のクリニック、エステランキングはこちら

 

Iラインを自分で脱毛するメリット

Iラインの脱毛の必要を感じていない人も多いかもしれません。

 

が、当然汗もたまりやすいでしょう。また。何かと汚物も付着しがちです。実は肛門の周りのOラインと並んで、脱毛の必用性の高い部位です。

 

この部分を常に無駄毛がない状態にしておくことで、これらの問題を回避できます。

 

だからといって、なかなかエステサロンやクリニックの脱毛処理を受けようとは決意しにくいですよね。原因はいくつもあるでしょう。

 

たとえば、施術を受けることの不安です。

 

当然のことながら、自分の性器を人に見せることになります。いくら相手は仕事でやるのだとはいえ、抵抗を感じない人は少ないでしょう。

 

また、脱毛の施術といえば、トラブルの話も耳に入っているかもしれません。「傷みがひどくて、契約の回数が残っているのに、途中で断念した」「光を当てた部分がやけどして、跡が残った」などなど。

 

あるいは、「当初の説明で聞いていた料金の数倍、結局はかかった」、「お店で執ような勧誘にあって、不要な部位の脱毛まで契約させられた」なんてことだってあります。

 

自分で処理していれば、もちろん、こんな目に遭う可能性はありません。

 

また、自分で処理することのメリットとして、「お金が安い」というのを挙げる人もいるかもしれません。

 

が、これは少し疑問です。というのは、施術が終わってしまえば、手入れもしなくていいようになるわけですから、クリームなどを買う必要がありません。これはずっと続きます。

 

「選ぶお店の料金と、比較する普段のお手入れの方法次第」といったところでしょう。

 

≫≫Iライン脱毛に人気のクリニック、エステランキングはこちら