痛みに敏感な女性 の永久脱毛にはどんなお店を選ぶべき?

Iライン脱毛痛い

脱毛の方法やお店を選ぶときに、決め手のひとつになるのが、施術の時の痛みです。

 

もし、選び方を間違え、また、自分の方もまったく痛みに弱い体質ならば、途中でやめてしまうことにもなりかねません。

 

脱毛法には、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3種類があります。

 

痛みが心配な人におすすめなのは、光脱毛です。

 

フラッシュ脱毛、IPL脱毛、SSC脱毛などを採用し、「光脱毛とはまったく違います」などと宣伝されている場合もあります。

 

ですが、そこがエステサロン・脱毛サロンであって、ニードル脱毛でないのならば、すべて光脱毛です。どんな名前を使っていても、基本となる部分は同じです。

 

強力な光を皮膚の外から当て、毛根や毛母細胞を発熱させる方法です。

 

業務用の光脱毛機器であれば、光照射と同時に冷却する機能もつけ、ダメージが周辺に広がらないようにはしてあります。

 

といっても、完全ではありません。痛みを感じたり、お肌を荒らす人もいます。

 

もし、痛みが強いようならば、光照射の量を減らすことも可能です。ただし、その場合、1回あたりの施術の効果が弱まりますので、引き換えに施術回数が増えてしまいます。

 

また、エステや機種によって、光照射の時に、お肌保護用のクリームを塗るところと、そうでないところがあります。

 

これも「どちらのほうが痛みが少ないか」は微妙なところです。クリームを塗るところはその分、お肌への負担が大きいということですから。

 

いずれにせよ、痛みに関する話は、あまりほかの人の体験談は参考になりません。個人差が大きすぎるのです。

 

どうしても気になるようならば、お試しコース(トライアルコース)の利用をおすすめします。

 

「ほとんどタダのような値段で、初めてお客様に限り1回だけの施術」というのが一般的です。

 

この1回だけ乗せ術で脱毛効果が出ることはありません。ですが、本コースと同じだけのことが経験できます。

 

また、多くの医療機関(美容外科、美容皮膚科、美容クリニック)が採用しているのが、レーザー脱毛です。

 

「光脱毛よりもお肌への負担が大きい。痛みも強い」というのが常識です。

 

ですが、これも個人差があります。また、こちらもレーザー光の照射量をへらすことができます。

 

さらにもうひとつ、医療機関ならではの痛み対策があります。どうしても痛みが強い場合、麻酔クリームなどを使って、痛みを和らげることが可能です。

 

ただし、もともと料金は高めですし、麻酔クリームなどには別料金がかかるのは、承知しておきましょう。

 

もうひとつの脱毛方法である脱毛方法は、痛みに弱い人にはまったくおすすめできません。

 

かつてはこの方法しかありませんでした。ですが、あまりに痛みが強く、途中でやめてしまう人が珍しくありませんでした。プラス、料金も高いので、採用するエステや医療機関もかなり少なくなっています。