脱毛サロンが倒産してしまったらどうすればいい?

Iライン脱毛 倒産

脱毛サロンは、過当競争気味です。当然、経営がうまくいかないところ、実際に倒産してしまうところもあります。

 

この場合、「通っていたお客はどうなるのか」は気になるところでしょう。倒産の頻度を考えると、「よほど運の悪い人」とも言い切れないんです。

 

で、まず料金システムがコース制になっていて、事前に一括して払い込んだ場合。これは全くお金が戻ってこないと考えていいでしょう。

 

また、ローンをかけていた場合。この場合は、交渉相手は、ローン会社です。すでに倒産したサロンとは関係がなくなっているのです。

 

かつては全く戻ってこないことも多くありました。「施術は途中になって、もう通うこともないのに、支払いだけが続く」ということも珍しくありませんでした。が、今は法律が変わって、支払いを止めることができるようになっています。が、手続きが面倒なのはたしかでしょう。

 

こういった話題をするサイトの中に、「倒産に出くわさないためには、自分が選ぼうとしている脱毛サロンの経営状態を把握するようにしましょう」「ある程度の営業年数と営業実績のあるサロンを選んでおきましょう」などとしている解説も見ます。

 

が、経営コンサルタントでもあるまいし、単なる個人客が経営判断するなど無理な話です。また、過去に倒産したサロンの中には、倒産する直前でも評判のいいところも、老舗(しにせ)もありました。

 

また、通い終わるまでに1年や2年かかります。その途中で経営状況が変わることもあります。

 

巻き添えを食わないためできることは、事前一括のような支払い方法をやめておくことぐらいでしょう。

 

⇒保障ありの安心のIライン脱毛エステ、クリニック