脱毛が痛いってどれくらい?

薄着の季節になると、急にムダ毛が気になって、急にせっせとお手入れを始めるような人も多いでしょう。

 

脱毛サロンや美容系の医療機関での脱毛が広まって、ムダ毛に関して全くスキのないような人も増えてきました。

 

それだけに、ムダ毛を放置して、目についた時の周囲のガッカリ感、びっくり感はいっそう大きくなっています。

 

脱毛処理のいいところのひとつは、いったん施術が完了してしまえば、二度とお手入れをしなくていいことです。急に露出の多いファッションをすることになっても慌てなくて済みます。

 

普段人目につかない部位ほど、ムダ毛のお手入れも怠りがちでしょう。が、もし、全身脱毛でも済ませておけば、もうどんな状況でもムダ毛のことは忘れておいていいわけです。

 

で、いざ、脱毛施術を受けに行こうと考え始めても、気がかりなことはいくつもあるでしょう。

 

たとえば、料金。あるいは、一時はかなり悪評が広まった「悪質な勧誘」。料金の方は、脱毛サロンでかなり激しい競争があって、かなり下がっています。また、悪質な勧誘は業界を挙げて正常化を図ってきた結果、かつてのようなひどいものは少なくなりました。

 

で、もうひとつ大きな気がかりは、「施術でお肌が傷まないか」「痛みはどのくらいあるのだろうか」といったところでしょう。

 

たしかに、昔は「お肌が赤くはれ上がった」「あまりの痛みに、悲鳴を上げた」といった話もよくありました。中には、すでに支払った料金が無駄になるのを承知で、途中でやめるような人もいたぐらいです。

 

が、これらはすでに過去の話と考えていいでしょう。

 

かつては、脱毛方法といえば、「ニードル脱毛」しかありませんでした。「電気針脱毛」などの別名があります。これは先端が高熱になる細い金属棒を毛穴ひとつひとつに当てていく方法です。

 

この脱毛効果は絶大です。また、毛穴1個ずつの対応ですので、「毛穴の半分だけ処理して、全体的にムダ毛を薄くする」といった細工が可能です。

 

が、痛みが強いだけではなく、「時間がかかる」「担当者には特別な技術が必要」といった短所がありました。また、これらのことから料金もどうしても高くなってしまいます。

 

こういったことから、今では一部のエステサロンや美容系医療機関に残っているだけです。

 

これに変わって登場したのが、「レーザー脱毛」です。

 

これは医療用に開発されたレーザー機器を利用する方法です。

 

レーザー機器を使うと、欲しいような性質の光を正確に作り出すことができます。これで、皮膚の表面はすり抜け、毛根や毛母細胞に含まれるメラニン色素が受け止めるような光を作って、照射します。

 

メラニン色素は茶色や黒色なので、こういったことも可能なのです。

 

で、光を受け止めたメラニン色素はそのエネルギーで高温になります。で、メラニン色素が焼けると、そRを含む毛母細胞なども焼けてなくなるわけです。これで発毛機能もなくなります。

 

これはニードル脱毛に比べ、劇的に痛みが減りました。痛みの強さでよくある説明が、「皮膚の上でぱちんと輪ゴムを弾いた程度」です。

 

ただ、これでもまだ、体質・肌質によっては、痛みがきつく感じる人もいるようです。

 

さらにその後出てきたのが、「光脱毛」です。これは「フラッシュ脱毛」「IPL脱毛」などいくつかの別名があります。

 

光のエネルギーで毛母細胞などを焼いていくのは、レーザー脱毛と同じです。が、使う光の種類が違います。「可視光」といって太陽光線に近い性質の光を使います。フィルターでそのうちの一部だけを通して、皮膚の表面をすり抜けさせます。

 

レーザー脱毛の危機が医師しか扱えないのに対し、光脱毛は特別な免許は不要です。これで、エステサロンの脱毛コースや脱毛エステに一気に広まりました。そのため、それまで考えられなかったような低料金も可能になりました。

 

また、痛みはレーザー脱毛よりも更に弱くなりました。

 

ただ、弱点もあって、痛みが弱いのと引き換えに、脱毛効果もレーザー脱毛やニードル脱毛に劣ります。「永久脱毛」にはなりません。5年10年後にはムダ毛が再生する可能性を残しています。

 

また、レーザー脱毛と光脱毛は、光照射のパワーを調整することができます。1回ごとの施術効果が弱まり、完了までの回数が増えることと引き換えですが、パワーを下げて、さらに痛みを弱くすることは可能です。

 

また、同じ脱毛方法同士でも、採用する機器の違いなどから、痛みの強さには差がでます。

 

今、美容系医療機関の大半がレーザー脱毛を採用し、ごく一部がニードル脱毛です。脱毛サロンは大半が光脱毛、ごく一部がニードル脱毛です。

 

これから脱毛施術を受けようという人は、これらの施術方法の特徴の違いを考慮する必要があります。

 

≫≫Iライン脱毛に人気のクリニック、エステランキングはこちら