毛周期と脱毛はどんな関係がある?

脱毛の仕組みを理解するには、まずは、ムダ毛の仕組みを知る必要があるでしょう。

 

まず、ムダ毛は「休止期」「成長期」「退行期」の三つの段階を繰り返しています。これは「ムダ毛のサイクル」とか「ムダ毛の一生」「毛周期」などと呼ばれることもあります。

 

「休止期」とは、その発毛機能は死んでいないものの、次の活動に備えて、休憩している状態です。

 

これを終えると、「成長期」に入ります。全くなにもないところから生え始めて、どんどん伸びていきます。

 

で、毛穴からは生えて入るが、全く伸びなくなる時期がきます。これが「退行期」です。そのムダ毛が抜けて、また「休止期」へと戻ります。

 

エステサロンで一般的な光脱毛や、美容系の医療機関で一般的なレーザー脱毛では、毛根や毛母細胞などにダメージを与えることができるのは、成長期にある分だけです。

 

それも、光照射を一回受けただけでは、しっかりとしたダメージにはなりません。いったんは抜けても、休止期を経て、また成長期に入ります。

 

ただし、一回ごとにそのダメージは蓄積していきます。成長期に何度か光照射を受けると、最後は全く生えなくなります。

 

脱毛の対象になっている部位のすべてのムダ毛がこの状態になった時が、施術の完了です。

 

それを最も効率よくやるのが、2か月か3か月に一度、ということになります。

 

このように、「毛根がある」ということが、光脱毛の効果を発揮するためには必要です。ですから、施術を受け始めたら、毛抜きや除毛クリームでムダ毛のお手入れはしてはいけません。必ずカミソリです。

 

≫≫Iライン脱毛に人気のクリニック、エステランキングはこちら