Iライン脱毛のQ&A記事一覧

エステでの脱毛の安全性を考える時に、比較の対象になるのは、大きく分けて二つあるでしょう。ひとつは、カミソリ、毛抜き、脱毛ワックスなどの自分での処理です。もう一つは、エステでやっている光脱毛を家庭でもできるようにした、家庭用脱毛器です。まず、自分での処理との比較です。自分での処理の場合、カミソリで皮膚を傷つけたり、毛抜きで毛穴を痛めて炎症を起こしたり、といったことが考えられます。エステでやってもらう...

エステサロンで脱毛をしてもらうのに、問題になることの最上位に来るのは、「痛み」でしょう。これを考える前にまず、エステではどんな施術がされているのかを知っておきましょう。広い意味ではワックスを塗って、それが半乾きになってシート状になったところを引きはがす方法も、この脱毛に含めることがあります。これは「ブラジリアン脱毛」などと呼ばれています。当然のことながら、効果は数日しか持ちません。いずれムダ毛が再...

Iラインの脱毛はまだ、あまり一般的ではありません。これは事実でしょう。が、決して必要がないような部位ではありません。むしろその逆でしょう。というのは、汗がたまってしまうようなところです。しかも風通しも良くありません。また、生理の前後には分泌物も多いでしょう。ムダ毛が残っていたならば、付着もしてしまうでしょう。余り他人には言えないことなので、意外に気が付かないのですが、この部分のかゆみや荒れに悩んで...

エステサロンの脱毛コースや、脱毛エステの料金はどんどん下がっています。もちろん、各お店のコストダウンの結果でもあるでしょう。が、より大きな理由は過当競争でしょう。たくさんのお店があって、厳しくお客の争奪戦をしています。いろいろとセールスポイントは考えるのでしょう。が、一番わかりやすいのが料金です。料金を下げると、どこかでまた、コストダウンをしなければなりません。で、その対象となりがちなのが、光照射...

一般的に女性が脱毛の必要を感じるのが、まずは「両ワキ」。その次が「ヒザ下」。あとは「Vライン」となるようです。これらは、たいていは人目を気にしてのことでしょう。両ワキやヒザ下は少し薄着の季節にでもなれば、相手の目に飛び込んでしまう機会が増えます。また、Vラインであれば、意識するのは水着になった時でしょう。でもIラインの場合はこれらとはちょっと状況が違います。脱毛を考えるのは、だいたいは衛生上の問題...

Iラインとは、女性の性器に沿った部分をいいます。その部分のムダ毛の処理と聞けば、「そんなところにまでムダ毛が生えているのか」と驚く人も多いです。何しろ、自分ではしげしげと見るところではありませんから。もちろん、体質にもよりますが、多くの人は意外にしっかりと生えています。このムダ毛を処理したほうがいい理由も、けっこうたくさんあります。目次1.Iラインのムダ毛を処理する理由1-1.衛生1-2.見た目2...

脱毛の施術を受けるところは、大きく分けると……@美容系の医療機関Aエステサロンの脱毛コース、脱毛サロン……ということになります。単に「エステサロン」といえば一般的には、美肌・美白コース、フェイシャル、痩身などの美容全般を扱っているところをいいます。脱毛はそのうちのひとつという扱いです。脱毛サロン(脱毛エステ)は、脱毛専門のエステサロンをいいます。このように、“守備範囲”の違いで区別します。が、それ...

全体からすると、ごく一部なのかもしれませんが、エステサロン・脱毛サロンの評判を思いき入り下げたのが、この「強引な勧誘」です。具体的な次のようなものがあります。@道端で声をかけられて、「説明だけだから」と言われてついていった。そうしたら、契約を迫られ、承知するまで帰してもらえなかった。Aお試しコースに行ったら、施術はほんの数分。残りの何十分かは、ずっと「契約してください」の話が続いた。Bすでに脱毛の...

脱毛の仕組みを理解するには、まずは、ムダ毛の仕組みを知る必要があるでしょう。まず、ムダ毛は「休止期」「成長期」「退行期」の三つの段階を繰り返しています。これは「ムダ毛のサイクル」とか「ムダ毛の一生」「毛周期」などと呼ばれることもあります。「休止期」とは、その発毛機能は死んでいないものの、次の活動に備えて、休憩している状態です。これを終えると、「成長期」に入ります。全くなにもないところから生え始めて...

脱毛サロンでの持続的な効果のある脱毛施術を受けるに、踏ん切りのつかない人もいるでしょう。その理由のひとつに「赤の他人に自分の恥ずかしい場所を見せたくない」というのがあるようです。これは両ワキやヒザ下でもそう考える人がいるでしょう。が、さらには、股間(こかん)の前部である「Vライン」、性器に沿った部分の「Iライン」、肛門(こうもん)の周りの「Oライン」ともなるとさらにそうでしょう。が、これは「案ずる...

これにはもうひとつ、「熟練した人を選ぶことができる」というメリットがあります。今、脱毛サロンの大半が、光脱毛を採用しています。そうなった理由のひとつは、「比較的操作が簡単で、どんな人が担当になっても、失敗が少ない」です。が、それでもたまに、光照射のパワー調整を間違って、ヤケドを負わせるような話がないわけではありません。また、お肌が荒れるなどのトラブルが起きた時に、慣れた担当者とそうではない担当者で...

薄着の季節になると、急にムダ毛が気になって、急にせっせとお手入れを始めるような人も多いでしょう。脱毛サロンや美容系の医療機関での脱毛が広まって、ムダ毛に関して全くスキのないような人も増えてきました。それだけに、ムダ毛を放置して、目についた時の周囲のガッカリ感、びっくり感はいっそう大きくなっています。脱毛処理のいいところのひとつは、いったん施術が完了してしまえば、二度とお手入れをしなくていいことです...

脱毛サロンは、過当競争気味です。当然、経営がうまくいかないところ、実際に倒産してしまうところもあります。この場合、「通っていたお客はどうなるのか」は気になるところでしょう。倒産の頻度を考えると、「よほど運の悪い人」とも言い切れないんです。で、まず料金システムがコース制になっていて、事前に一括して払い込んだ場合。これは全くお金が戻ってこないと考えていいでしょう。また、ローンをかけていた場合。この場合...